東京スカイツリー

東京スカイツリーは、東京の墨田区にある電波塔ですが、観光名所としても知られています。この東京スカイツリーの目玉は、何と言っても展望台です。

展望台は天望デッキと天望回廊の二つがあります。天望デッキには「Sky Restaurant 634(MUSASHI)」やCAFE・SHOPなどがあります。

できれば、レストラン634を利用して、スムーズに展望台に昇りたいものです。レストランはドレスコードがありますが、破れたGパンなどがダメなだけで、それほど堅苦しいものではありません。

食事時間の制限が90分となっていますが、これだけあれば充分ゆっくりと楽しむことができ、そもそも、スカイツリーでの食事ですので展望を楽しむのが一番の目的でしょうから、この時間制限というのは却ってあるほうが、おしゃべりに夢中になっているカップルや女性たちのグループには東京スカイツリー訪問の本来の目的を思い出させてくれるものでしょう。

それはともかく、東京スカイツリー訪問のいちばんの問題は、天候です。東京スカイツリーと天候というと、大多数の人が強風や暴風雨によりエレベーターの運行が停止されることを思い浮かべるでしょう。

たしかに、東京スカイツリーは年間30日前後が、展望台の営業が休止されるようです。しかし、これは事前に天気予報などである程度予想できることですから、われわれ訪問者にとって、そう困ることではないかもしれません。

むろん地方から数か月まえから予定を立てて、東京にやってくる人たちにとっては至極残念なことになるでしょう。

しかし、おなじ地方からやってくる人の中には、前日もしくは前々日の天気予報で墨田区に完全な晴れマークが出ているので、よし、東京スカイツリーに行ってみようという方もおられます。なかには、東北新幹線や北陸新幹線を利用してやってくる人もいるでしょう。

もちろんこのような人たちは、晴れの日のスカイツリーからの展望の良さを期待してやってきます。しかし、いくら天気予報が「晴れ」でも、展望の良くない、言い換えると、眼下に街並みは見えるけれども富士山まで見えない日があるのです。

そうです、晴れの日にも2種類あるのです。空が青い日と空が白い日、つまり晴れでも「青空」と「白空」?の日があるのです。

でも、天気予報には、「青空予報」と「白空予報」というのがないのです。気象庁は「青空予報」というものは不可能なのでしょうか?

車買取相場表を車を売る前に

 

スキー

日本にはあまり雪が降らない地域があります。そこに住んでいる人にとって、雪道の運転というのは、とても危険です。スノータイヤも所持していないのが普通でしょう。

慣れない運転で事故っては、元も子もありません。雪の多い道は通常の道とは、予想外に勝手が違うものです。興味本位で運転することは、絶対に避けるべきです。

そこでおすすめなのがバスツアーです。バスツアーにはいろいろなメリットがあります。自分で運転して目的地まで行くのと、乗せていってもらうのとでは、まるで疲労度が違います。飲み食いも自由にできますしね。

また、電車でスキー旅行に行くとすると、現地の駅からスキー場までは自分たちで移動しなければなりません。重いスキー用品を持って移動するのは、勘弁してもらいたいところですよね。

その点バスツアーなら、宿泊先のホテルや旅館まで直接運んでくれるので、余分な労力を使わなくて済みます。また、それほど費用が高くないというのもおすすめポイントです。

宿泊先やバスなどを自分で手配するよりも、各旅行会社で用意しているさまざまなパックツアーを利用したほうが、費用を安く済ませることができるばかりでなく、同乗者もスキー客ばかりですので気分も盛り上がります。

バスツアーの、何といっても大きなメリットは、運転しなくていいということです。スキーやスノーボードで疲れて、長距離運転するよりも、ゆったりと身体を休めながら帰宅したいものです。運転する人だけが長時間、休めないというのもかわいそうですしね。便利なバスツアーを利用して、冬の休暇を有効に使いたいですね。

車を高く売る方法なら一括査定

 

情報収集と計画

大学生活における最後の大きなイベントといえば卒業旅行です。大学を卒業してしまうと仲間と会う機会が極端に減ってしまうため、思い出に残るような旅行にしたいと考えるものです。

あとで後悔しない旅行にするためには、やはり事前の情報収集が大切です。手際よく探すには、やはり旅行会社サイトでの検索がよいでしょう。

国内でも最大級の情報量を誇るのが「楽天トラベル」です。ここで検索すれば、おおまかな情報を手に入れることができます。もし、楽天カードを持っているなら、お得な利用方法も確認しておいて、有効に利用することをおすすめします。

また、思わぬトラブルに見舞われた場合など旅に役立つ情報がたくさん載っているのが旅行会社のサイトです。旅先で事故に遭遇した場合など、万一のことも想定して準備しておくほうが賢明です。

またなかには、特に旅行先を決めず、国内をあてもなく旅したいという人もおられるでしょう。そういう方には「青春18きっぷ」がおすすめです。

これは、JRの普通列車や快速列車が乗り放題となる切符で、好きな駅で降りることができるので、おおすすめしたいものです。ぶらりと気の向くまま、ふと気になった駅や、見慣れない美しい風景に出合ったら次の駅で降りることもできます。

このように、なかなか自由度の高い切符ですので、どこかの駅で降りても、再び乗ることができるので、自由気儘に色々な土地に立ち寄ってみたい、その土地の美味しいものを食べたいという方は、「青春18きっぷ」をお忘れなく。

車買取相場表