白川郷と五箇山

1995年に岐阜県と富山県の県境に位置している白川郷と五箇山の3集落は、「人類の歴史上重要な時代を例証するある形式の建造物、建築物群技術の集積、または、景観の顕著な例」として世界文化遺産に登録されました。

3集落とは、萩町集落(岐阜県大野郡白川村)・菅沼集落(富山県南砺市)・相倉集落(富山県南砺市)です。

これらの集落は合掌造りの集落として、それまでもわが国で広く知られていました。「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの家屋は、国内でも他の地域にはなく、五箇山と白川郷のみに現存するもので、とても貴重な古民家の形式です。

世界遺産に登録された萩町集落は、大小100棟余り、相倉合掌造り集落には23棟、菅沼合掌造り集落には9棟の合掌造りが現存しています。

これらは、約100年~200年前のものが多く、なかには400年前に建造されたといわれている古いものもあります。

豪雪地帯という厳しい自然に対応した堅固な造りであるにもかかわらず、生活の場と生業の場をひとつにした合理的な設計がなされています。

豪雪地帯にあった建築様式、独特の特徴ある家屋は貴重なものだとして、世界文化遺産に登録されました。

合掌造りは、釘を1本も使うことなく、材木を2本組んで造られた家屋で、屋根の角度を急勾配にして雪が滑り落ちやすいようしてあります。

そして、長い年月にも耐えることのできる造りになっており、さらに、養蚕の作業もできるように工夫されています。

2015年11月27日「白川村観光ふるさと大使」に歌手で俳優の高橋克典さんが就任しました。高橋さんは、2012年2月に放送されたNHKの白川郷を舞台としたドラマ「家で死ぬということ」で主演したことから大使に任命されました。

高橋さんは、白川村を「ただの観光PRではなく、合掌造りの保存の難しさ・大切さを伝えながら、村内の子ども達が将来村に戻ってこられるようなきっかけ作りも実施していきたい」と抱負を語りました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です